理論株価の算出方法 会社の価値に基づいて投資するという事

投資戦略

こんにちは、つもっちです

この記事では狙いをつけた会社の理論株価の算出方法、ひいては『会社の本質価値に基づいて投資をする』という事について解説したいと思います

今回紹介する理論株価の算出手法は、初心者や個人投資家でも取り組みやすいようかなり簡易的なやり方になりますが、基本的にはM&Aコンサルタントが企業を買収する際の手法と原則は全く変わりませんので、ぜひマスターしてじっくりと腰の据えた投資に取り組めるようになっていただければと思います

そもそも何を基準に投資をしていますか?

ここで一つ質問です、そもそも皆さんは何を基準に投資をしていますか?

例えば投資を始めたばかりの方の中には株価チャートを見て売買を判断する、という方が少なくないように思えます
しかし、株価チャートというのは過去の株価の結果に過ぎず、過去の株価という結果から将来の株価という結果を推測するのは現実的に難しく、ほとんどの方が損失を出しているというのが現状だと思われます

次の段階で銘柄を選ぶ基準にするのは、『配当』や『株主優待』などが考えられます
確かにどちらも大切な株主の権利であることに間違いありませんが、株価が数%下がっただけで優待や配当の利益など吹っ飛んでしまいます
その後どうして良いかわからず泣く泣く損切り、あるいは塩付けにしている人も多いのではないでしょうか?

さらに次の段階として、一般的な指標を重視して株を買うという段階です
この段階では『PER』や『PBR』といった指標に注目しながら投資判断を下しているかと思います
しかしながら投資を続けるうちに、PER,PBRが低ければ割安、高ければ割高といった単純な話では無いという事に悩まされるのでは無いでしょうか?
私達個人投資家にも投資のプロの方たちと同様の、もっと正確でしっかりとした基準に基づいた投資手法が必要です
それこそが、理論株価(=その企業の本質的価値)を見抜き、それよりも圧倒的に安い価格(株価)で買うという手法になります

企業の本質価値とは

前置きが長くなりましたが、理論株価の算出方法の解説をする前に、そもそも企業の価値とは何か?という話をしなければなりません
企業の価値とは、一言でいうとその企業の事業の価値(どれだけ稼いでいるか?)と財産の価値(どれだけ持っているか?)を足したものから負債を引いたものになります

超重要です!!
企業価値=事業価値+財産価値ー負債

更に企業価値を発行済み株式数で割ったものが一株価値=理論株価となります

一株価値(理論株価)=企業価値/発行済み株式数

理論株価の算出イメージは下記の通りです

参考画像:GMOクリック証券

4つのステップで価値を弾き出す

続いて実際に理論株価を弾き出すまでの4つのステップを見ていきましょう

4つのステップ

①事業価値を見積もる
②財産価値を見積もる
③負債(借金)を引く
④発行済み株式数で割って1株価値を出す

ここでは比較的業績が安定している日本SHLを例に実際に企業価値算出のステップを見ていきます
企業価値算出にあたり有価証券報告書が必要となりますので、会社HP等からダウンロードしておきましょう

①事業価値を見積もる

事業価値=営業利益の10倍

結論からお話しますと、事業価値を算出する式は以上のようになります
以下にて説明させていただきます

事業価値を出すにはその企業の事業がもたらす利益である営業利益を使います
日本SHLの最新の有価証券報告書から、2019年9月期の営業利益を確認します
営業利益は有価証券報告書の損益計算書の欄に記載されています


これにより2019年9月度の営業利益は1229百万円だと言うことがわかります
続いてこの1229百万円から税金分を控除するため0.6をかけます
(日本の一般的な法人税率は40%)
1229百万円✖0.6=737百万円となり737.4百万円が実際に事業から得られる利益となります

さらにこれに株式の期待利回りである6%で割ります
なぜ6%で割るのか?6%の根拠や期待利回りで割る理由は別記事
そもそも『価値』って何? 価値と利回り・リスクの関係性
にて詳しく説明しておりますので、ぜひご確認下さい

737.4百万円➗0.06=12290百万円となり12290百万円が事業価値となります

簡易的な覚え方として
営業利益✖0.6➗0.06=営業利益✖10ですので
事業価値=営業利益の10倍と覚えましょう
正確には事業規模や借金の有無などにより期待利回りも調整が必要ですが
個人投資家には緻密な正確さよりも簡潔で取り組みやすい事が重要となるため上記のやり方が最適ではないかと思います


②財産価値を見積もる

財産価値=流動資産ー(流動負債✖1.2)+投資その他の資産

財産価値を算出する式は以上の通りになります
まず財産価値とは企業が持っている現金や土地などの資産のことで、事業を行う上で直接必要でないものを指します
企業が内部に溜め込んだ財産価値には、流動資産の中の財産部分と固定資産の中の財産部分があります
流動資産の中の財産部分については次の式で算出します
流動資産-(流動負債✖1.2)

流動資産とは1年以内に現金に変えることの出来る資産で、流動負債とは1年以内に出ていくお金になります
上記式は、手元資金のうち直近支払予定額+α以外のお金は財産とみなす、という事を表します
これに定期預金や他社の株式である投資その他の資産を加えたものが、その企業の財産価値となります

流動資産、流動負債、投資その他の資産は有価証券報告書の貸借対照表の欄に記載されています

実際に計算しますと
4435ー(475✖1.2)+1025=4890百万円となり、財産価値は4890百万円となります


③負債(借金)を引く

①と②で算出した企業価値から残りの負債である固定負債を引けば株主価値となります

事業価値12290+財産価値4890ー固定負債303企業価値16877百万円

日本SHLの企業株価は16877百万円であることがわかりました


④発行済み株式数で割る

最後に企業価値を発行済み株式数で割ることで1株価値=理論株価を算出します
日本SHLの自己株式を覗いた発行済み株式数は5970237株となっておりますので

16788百万円➗5970237株=2827円

日本SHLの理論株価は約2800円であることがわかりました

以上が、理論株価を導き出すまでの4つのステップとなります
現実の株式投資の場面ではこの結果を、実際の株価やその企業の財務状況(収益力・成長性・財務健全度等)を照らし合わせ、投資の判断を下していくことになります

慣れない方にとっては難しく思えるかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単です
必要とする項目もそれほど多くないので、エクセル等に計算式を入れておけば気になった企業をすぐに評価することも可能ですのでぜひ実施してみてはいかがでしょうか?

あなたの投資収益面や株を保有する上でのメンタル面を大きく改善出来ると思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました