【9381】AIT財務分析 AITは投資適格銘柄か?収益性・成長性・財務健全度を探る

3点台

この記事では、財務諸表から主要指標の数値を抜き取り、以下の項目について独自の採点方式で5段階評価を行い、ランク付けをしていきます

評価項目

・収益性 (売上高利益率・ROE等)

・成長性 (売上高・利益増加率)

・財務健全度 (自己資本比率・負債比率)

・フリーキャッシュフロー推移 
  (FCF推移・資本的支出/純資産) ・株主還元 (自社株買い・配当性向・IR充実度)

参考ページ
各評価項目に対する採点基準

AIT 企業概要

AITは関西発祥の複合一貫輸送業者で、中国や東南アジアに特化したあらゆる物流ノウハウを持つ総合物流企業です

海上輸送や航空輸送、通関業務、国内配送など、出荷から納品までをトータルにサポートし、お客様に「いつ、どの航路のどの便で輸送するのが最適なのか?」など、最良なサービスを強みとしています

航空・海上輸送なら、中国物流・輸入、通関、3PL、北米航路に強いAIT
東南アジア・中国物流など、海上輸送や通関、3PLのことならエーアイテイー【AIT】。業界屈指のスピード、海上運賃の圧縮、最良のサービスで年間コンテナ本数17万本の実績!

 

損益計算書から成長性を評価

それではまずは損益計算書からAITの売上・営業利益・純利益の推移を見てみましょう

売上高・営業利益・純利益ともに順調に右肩上がりで成長しております
2020年には日新運輸を完全子会社化しており、売上を大きく伸ばしておりますが
比例して利益は伸びておらず、利益率の大幅な悪化が懸念されます
今後、シナジー効果が現れるかに注視する必要があります

過去15年間の成長率は売上・利益ともに15%と高い水準にありますが、近年はどちらも
8%前後まで落ちてきております

成長性まとめ
・15年増益率は15%と優秀
・直近は3年増益率が8%と低下傾向

成長性スコア:2点

 

損益計算書から収益性を評価

続いて利益率などの収益面を見てみましょう

ROEは過去25%以上ありましたが、規模の拡大と共に15%前後まで落ち込んでいます
利益率も営業・最終利益共に一定水準(営業利益7% 純利益5%)を保っていましたが
こちらも近年減少傾向にあります

収益性まとめ
・ROE、利益率共に低下傾向
・直近ではROE15%、売上高利益率5% 収益性スコア:2点

 

貸借対照表から財務健全度を判断

貸借対照表から資産状況を確認し、財務健全度を見ていきます

利益の積み上げにより、年々内部留保と共に現金を積み上げていることがわかります
自己資本比率も一貫して70%前後あり、負債比率も50%以下と非常に優秀です
財務に関しては非常に優秀であると言えると思います
ただし、2020年に日新運輸を完全子会社化に伴い、現金とともに負債比率も大幅に上昇しておりますので、今後も注意しておく必要があります

財務健全度まとめ
・現金、内部留保共に増加傾向
・自己資本比率 70%以上
・負債比率 50%以下
・大規模な買収により負債比率大幅悪化

財務健全度スコア:3点

キャッシュフロー推移を確認

営業キャッシュフロー(以後営業CF)から資本的支出を除いたフリーキャッシュフロー(以後フリーCF)の推移をみていきましょう
営業CFが順調に伸びていることが確認できます
また、純資産における資本的支出の割合が平均6.9%と非常に低い事から、事業の維持・拡大に多額の資本を必要としない事がわかります
そのため多額なフリーCFを残す事が出来、事業成長への投資や配当金等で投資家に還元することが出来ます

キャッシュフロー推移まとめ
・資本的支出/純資産 6.9%
・フリーCF推移 増加傾向

CF推移スコア:5点

 

株主還元

配当性向や自社株買いの実績から経営者がどれくらい株主を重視しているか探ります

まずは配当金や配当性向の実績をみてみましょう
参考画像:配当金DB HPより

決算期 中間配当 期末配当 年間配当 配当性向
2015年2月 10円 40円 50円 93.10%
2016年2月 15円 15円 30円 55.00%
2017年2月 15円 15円 30円 58.40%
2018年2月 16円 19円 35円 60.80%
2019年2月 18円 18円 36円 58.90%
2020年2月 18円 18円 36円 64.90%

2015年は記念配当込みとなっております
配当性向はおおむね60%前後で推移しており、純利益の増加と共に配当金も微増しております
自社株買いに関してはそれほど積極的に実施しておりませんので、配当金にて株主に還元する方針の様です

株主還元まとめ
・配当性向は60%とやや高め
・自社株買いには積極的ではない

株主還元スコア:3点

 

AIT財務分析 評価結果

AITの財務分析結果についてまとめます

・収益性 2点
・成長性 2点
・財務健全度 3点
・フリーキャッシュフロー推移  5点
・株主還元 3点

総合評価 3点

AITの総合評価については3点となり、投資適格銘柄とします
銘柄の傾向としては配当金を得ながらゆっくりとキャピタルゲインも得ていくかたちになると思われます

また近年企業買収にも力をいれてきており、その結果収益性がやや落ちてきています
今後さらに収益性が落ちるようであれば投資適格銘柄からウォッチ銘柄への格下げも考えられますので特に注意が必要な要素といえると思います

以上がAITの財務分析結果になります
今後同銘柄の適正価格や購入推奨価格についての記事も作成予定なので
楽しみにしていてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました