【6080】M&Aキャピタルパートナーズ財務分析 収益性・成長余地・財務健全度を探る

4点台

この記事では、財務諸表から主要指標の数値を抜き取り、以下の項目について独自の採点方式で5段階評価を行い、ランク付けをしていきます

評価項目

・収益性 (売上高利益率・ROE等)

・成長性 (売上高・利益増加率)

・財務健全度 (自己資本比率・負債比率)

・フリーキャッシュフロー推移 
  (FCF推移・資本的支出/純資産) ・株主還元 (自社株買い・配当性向・IR充実度)

参考ページ
各評価項目に対する採点基準

M&Aキャピタルパートナーズ 企業概要

M&Aキャピタルパートナーズ以下(M&A CP)は事業承継M&Aを中心とした、M&A関連サービス事業を主たる業務としている会社です
※M&Aとは「Mergers & Acquisitions」の略称で、日本語では「合併と買収」を意味します

事業の引継ぎに悩みを抱えているオーナー経営者に対し、独立・中立的な立場から、譲渡企業(売り手)・譲受企業(買い手)の間に立ち、M&Aによる問題解決を提案し、実現までサポートします


画像:M&A CP ホームページより

また大きな特色として成功報酬型の手数料体系を採用、さらにリソースを中堅・中小企業の「事業承継M&Aの提案・助言」に特化させることにより、安定した約定実績を積み重ねております

画像:M&A CP ホームページより

損益計算書から成長性を評価

それではまずは損益計算書からM&Aキャピタルパートナーズの売上・営業利益・純利益の推移を見てみましょう

2018年は減収減益ですがそれ以外はきれいな右肩上がりで成長しております
2016年にレコフ&レコフデータを子会社化しているため、業績が一段高しております
過去の売上・利益の成長率は下記の通りになっております

  10年間平均 5年間平均 3年間平均
売上高 34.4%   34.6% 14.7%
営業利益 33.5%   30.5% 17.0%
純利益 44.5%  34.5%  14.7%

売上・利益共に10年間で20倍以上にもなっており、驚異的な急成長を遂げていますが、実質的にレコフ&レコフデータを子会社化したここ3年間の成長率が現状のリアルな数字かと思われます
それでも15%前後の成長をしていますのでかなり高い成長率と言えるでしょう

成長性まとめ
・売上・利益共に10年間で20倍以上に成長
・近年の成長率は15%前後

成長性スコア:5点

損益計算書から収益性を評価

続いて利益率などの収益面を見てみましょう

ROEは低下傾向にありますが20~25%前後に落ち着きそうです
営業利益率は40%と純利益率も30%前後と驚異的な水準を示しております
これは国内最大級の独立系M&Aコンサルティングである日本M&Aセンターと比較しても全く遜色ないレベルと言えます

収益性まとめ
・ROE26%、営業利益率40%・純利益率30%と収益率はかなり優秀
収益性スコア:5

 

貸借対照表から財務健全度を判断

貸借対照表から資産状況を確認し、財務健全度を見ていきます

利益の積み上げにより、年々内部留保を積み上げていることがわかります
自己資本比率も一貫して80%前後あり、負債比率も20%前後まで低下しております
少々現金を持ち過ぎの感がありますが、財務的な安全性という観点では文句の付け所が見つからないように思えます

財務健全度まとめ
・現金、内部留保共に増加傾向
・自己資本比率 80%以上
・負債比率 20%以下

財務健全度スコア:5点

キャッシュフロー推移を確認

営業キャッシュフロー(以後営業CF)から資本的支出を除いたフリーキャッシュフロー(以後フリーCF)の推移をみていきましょう

営業CFが順調に伸びていることが確認できます
また、純資産における資本的支出の割合が平均10%以下と低めな事から、事業の維持・拡大に多額の資本を必要としない事がわかります
そのため多額なフリーCFを残す事が出来、今後の事業成長や株主還元などにあてる事が可能となります

キャッシュフロー推移まとめ
・資本的支出/純資産 10%以下
・フリーCF推移 増加傾向

CF推移スコア:5点

 

株主還元

配当性向や自社株買いの実績から経営者がどれくらい株主を重視しているか探ります
まずは配当金の実績をみてみましょう

参考画像:マネックス証券 HPより

表の通りM&A CPはこれまでに配当金の実績がありません
同じく自社株買いについても実施しておりません
配当金については、未だ高い成長率を誇るため事業への投資にまわすといった考えも理解できますが、財務健全度の項でもあった通り非常に多額の現金を保有しております
投資家としては有り余る現金の有効活用を願いたいところです

株主還元まとめ
・配当金は実績なし
・自社株買い実績なし

株主還元スコア:2点

 

M&Aキャピタルパートナーズ財務分析 評価結果

M&A CPの財務分析結果についてまとめます

・成長性 5点
・収益性 5点
・財務健全度 5点
・フリーキャッシュフロー推移  5点
・株主還元 2点

総合評価 4.4点

M&Aキャピタルパートナーズの総合評価については4.4点となり、優良銘柄と判定します
銘柄の傾向としては財務、成長性、収益性いずれも最高レベルにあり安心して保有できると思います

今後はぜひ何らかの形で保有現金を有効活用し、企業価値の向上ひいては株主還元に努めてほしいところですね

以上がM&Aキャピタルパートナーズの財務分析結果になります
今後同銘柄の適正価格や購入推奨価格についての記事も作成予定なので
楽しみにしていてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました