【6073】アサンテ財務分析 シロアリ駆除大手 収益性・成長性・財務健全度を探る

3点台

この記事では、財務諸表から主要指標の数値を抜き取り、以下の項目について独自の採点方式で5段階評価を行い、ランク付けをしていきます

評価項目

・収益性 (売上高利益率・ROE等)

・成長性 (売上高・利益増加率)

・財務健全度 (自己資本比率・負債比率)

・フリーキャッシュフロー推移 
  (FCF推移・資本的支出/純資産) ・株主還元 (自社株買い・配当性向・IR充実度)

参考ページ
各評価項目に対する採点基準

アサンテ 企業概要

アサンテは住宅用シロアリ防除のトップ企業で、東北・関東から関西まで営業網があります
農協と提携しておりそのネットワークから顧客を拡大させております
主力となるHA(ハウスアメニティー)事業では木造家屋を対象に、シロアリ防除などの各種施工によって、木材をシロアリや湿気などから守ります
また、構造的な強度の維持を図るための施工が、基礎補修や家屋補強。家庭用太陽光発電システム、オール電化や住宅リフォームなども取り扱っています。これらのアフターメンテナンスとの組み合せによって、「総合ハウスメンテナンスサービス」を効率的に提供しています

株式会社アサンテ【東証一部上場】 シロアリ駆除や太陽光発電など快適な住環境をトータルサポート
株式会社アサンテ【東証一部上場】 シロアリ駆除や太陽光発電など快適な住環境をトータルサポート

損益計算書から成長性を評価

それではまずは損益計算書からアサンテの売上・営業利益・純利益の推移を見てみましょう

2017年に大きく減益しておりますが、これは人件費が退職給付費用の前期比310百万円増加と人員増加に伴う同386百万円増加により 697百万円増加(14.9%増)した他、求人費、広告宣伝費、修繕費等の増加もあり、総額で同934百万円増加(13.0%増)したためですが、販売費及び一般管理費率は同4.5ポイント上昇したことによります
翌年以降は販売費及び一般管理費率は低下しており、営業利益も再度増加傾向に戻りつつあります
売上・利益の成長率は表のようになっております

  10年間平均 5年間平均 3年間平均
売上高 4.6%   2.7% 1.5%
営業利益 6.1%   10.8% -0.1%
純利益 11.8%  6.2%  1.4%

10年間の成長率は売上の成長率に比べ、利益の成長率が上回っております
これはコスト低減による利益の増加が大きいといえます
経営コストを低減すること自体は素晴らしい事ですが、低減できるコストには限度があります
今後売り上げの成長がみられないようであれば、利益の成長も止まってしまう事が予想されるので、西日本への展開の進み具合が今後の成長率のカギを握ることになりそうです

成長性まとめ
・売上よりも利益の成長が上回っている
・近年は売上・利益共に大きな成長が見られない

成長性スコア:2点

 

損益計算書から収益性を評価

続いて利益率などの収益面を見てみましょう

営業利益率は約16%、純利益率約10%と悪くありません
ROEは20%以上ありましたが、現在は13%前後で落ち着いておりやや物足りない印象です

収益性まとめ
・営業利益率 約16%、純利益率 約10%
・ROEは低下傾向にあり現在は13%程度

収益性スコア:2.5

 

貸借対照表から財務健全度を判断

貸借対照表から資産状況を確認し、財務健全度を見ていきます

利益の積み上げにより、年々内部留保と共に現金を積み上げていることがわかります
自己資本比率も80%以上あり、負債比率も30%以下まで改善しております
財務に関しては文句の付け所が見つからないように思えます

財務健全度まとめ
・現金、内部留保共に増加傾向
・自己資本比率 80%以上
・負債比率 30%以下

財務健全度スコア:5点

キャッシュフロー推移を確認

営業キャッシュフロー(以後営業CF)から資本的支出を除いたフリーキャッシュフロー(以後フリーCF)の推移をみていきましょう

2010年のみ資本的支出の割合が突出しておりますが、基本的に非常に低推移です
そのため多額なフリーCFを残す事が出来、事業成長あるいは株主還元への資金に充てることが可能となります

キャッシュフロー推移まとめ
・資本的支出/純資産 平均10%

CF推移スコア:5点

 

株主還元

配当性向や自社株買いの実績から経営者がどれくらい株主を重視しているか探ります
まずは配当金の実績をみてみましょう

参考画像:マネックス証券 HPより

配当金は6年連続で増配しており、7年間で3倍になっております
同時に配当性向も20%以下から40%以上まで年々増加傾向にあります
配当性向に関してはまだ一般的な水準ではありますが、今後利益が増加しないようであれば、増配はそのうち厳しくなってくるかもしれません
また、年2000円相当の商品券の株主優待も実施しております
自社株買いに関しては積極的に実施してはいないようです

株主還元まとめ
・配当金は6年連続増配、7年間で3倍に
・配当性向は増加傾向、純利益が頭打ちに近いため今後も上昇する可能性あり
・年2000円商品券の株主優待あり

株主還元スコア:3.5点

 

アサンテ財務分析 評価結果

アサンテの財務分析結果についてまとめます

・成長性 2点
・収益性 2点
・財務健全度 5点
・フリーキャッシュフロー推移  5点
・株主還元 3点
総合評価 3.4点

アサンテの総合評価については3.4点となり、投資適格銘柄とします
銘柄の傾向としては財務が非常に強固なため安心して保有できると思います
成長によるキャピタルゲインには今のところ期待できないので
魅力的な配当利回り(優待込)で購入したいところです

以上がアサンテの財務分析結果になります
今後同銘柄の適正価格や購入推奨価格についての記事も作成予定なので
楽しみにしていてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました