【3712】情報企画 理論株価と目標買値を考える

投資戦略

こんにちは、つもっちです

この記事では情報企画の現時点での理論株価、ならびに情報企画株で利回り15%を目指すには買値はいくらに設定するべきかを考えていきたいと思います

情報企画の関連記事はこちら

【3712】情報企画 財務分析 収益性・成長余地・財務健全度を探る
平均この記事では、財務諸表から主要指標の数値を抜き取り、以下の項目について独自の採点方式で5段階評価を行い、ランク付けをしていきます 評価項目 ・収益性 (売上高利益率・ROE等) ・成長性 (売上高・利益...

理論株価・利回り設定の関連記事はこちら

理論株価の算出方法 会社の価値に基づいて投資するという事
こんにちは、つもっちです この記事では狙いをつけた会社の理論株価の算出方法、ひいては『会社の本質価値に基づいて投資をする』という事について解説したいと思います 今回紹介する理論株価の算出手法は、初心者や個人投資家でも取り組みやす...
個人投資家で個別株を買うなら利回り15%を目指せ!! その根拠とは?
こんにちは、つもっちです このサイトでは個人投資家の方へ小型安定成長株への投資方法を紹介しております この記事では特に個人投資家が目指すべき目標利回りについて考えていきたいと思います さて、私達個別の株式に投資する個人投資家に...

情報企画 理論株価算出

まずは情報企画の理論株価を4つのステップで算出します

理論株価算出 4つのステップ  

①事業価値を見積もる 
②財産価値を見積もる 
③負債(借金)を引く 
④発行済み株式数で割って1株価値を出す

①事業価値算出

情報企画の直近の営業利益は1020百万円となっております
従って情報企画の事業価値は営業利益の10倍の10200百万円となります

事業価値=10200百万円

②財産価値算出

続いて同社の財産価値を算出します
貸借対照表によると、同社の流動資産・流動負債・投資その他の資産は以下になります

流動資産 2896百万円
流動負債 893百万円
投資その他の資産 198百万円

これを計算しますと2896ー(893✖1.2)+198=2023百万円となり、
財産価値は2030百万円となります

財産価値=2023百万円

③負債(借金)を引く

次に事業価値財産価値を加えたものから残りの負債を引き、企業価値を算出します
同社の固定負債は293百万円となっておりますので
10200+2023ー293=11930百万円となり、企業価値は11930百万円と算出されました

企業価値=11930百万円

④発行済み株式数で割って1株株価を算出

最後に発行済み株式数で企業価値を割り、1株株価(理論株価)を算出します
同社の発行済み株式数は4,090,000株となっておりますので
11930百万円/4,090,000株=2917円となり理論株価は約2900円となります

理論株価=約2900円

この記事作成時5/12現在の同社の株価は2250円前後で推移しているので
現時点では割安と考えられます

目標買値を設定する

情報企画の現在の理論株価を算出し、割安であることがわかりました
では直ぐに買いだと判断するべきでしょうか?まだこの時点で買いを判断するには早いとつもっちは考えます

何故ならこの理論株価はあくまで現時点での理論的な参考値に過ぎず、同社の財務状況や過去・未来の業績が織り込まれていないからです

ここからは同社の財務状況や成長度を踏まえた上で5年後の株価水準を予測し、その上で利回り15%を得るにための目標買値を考えて行きたいと思います

目標買値設定 3つのステップ  

①5年後の営業利益を予測する 
②5年後の株価水準を予測する
③期待利回り15%を5年間分割り戻し買値目標を設定する

①5年後の営業利益を予測する

まずは5年後の営業利益を予測します
このステップで出された数値は買値目標に大きく影響し、また考え方によってブレも大きくなるため、楽観・悲観などいくつかのシナリオを考えておくと良いかもしれません

同社の営業利益成長率は以下のように推移しております

10年間平均 5年間平均 3年間平均
営業利益 1.7% 9.5% 6.9%

やや時期によりバラつきがあります
2020年 9月期の営業利益も7.8%増益になっておりますので、直近3年間平均の6.9%を成長率として採用します

楽観シナリオ コロナ影響なし

まず1つ目の楽観シナリオとしてコロナの影響があまりなかった場合を考えていきます
5/12に発表された情報企画の最新の決算情報(2020年第二四半期)では、今のところコロナの影響は見られず順調な推移を示しており、通期予想の修正もありませんでしたので充分考えられるシナリオかもしれません

直近3年間の成長率である6.9%で今後も成長すると仮定し計算します
1020百万円✖106.9%✖5年間=1424百万円となりました

楽観シナリオの5年後事業価値14240百万円

悲観シナリオ コロナ影響あり

2つ目の悲観シナリオとしてコロナの影響を受けた場合を考えていきます
情報企画の最新の決算発表では今のところコロナの影響は受けておらず増収増益でしたが、取引先である金融機関は直接コロナの影響を受ける事になるので、情報企画の業績にも影響してくることは充分考えられます

仮に悲観シナリオとして
1年目20%減益⇨2年目横ばい⇨3~5年目6.9%で増益
で計算すると
1020百万円✖0.8✖1✖1.058✖3年間=997百万円となります

悲観シナリオの5年後事業価値=9970百万円

 

ご注意
上記の記事で設定した悲観シナリオはあくまでも考え方の説明をするために設定したものですので現実とは大きくかけ離れる場合があります
コロナウィルスの影響は未知数な部分が非常に多く、より甚大なダメージを負うシナリオも充分に考えられます 投資の判断はあくまでも自己責任において行ってください

②5年後の株価水準を予測する

続いてそれぞれのシナリオ時の5年後株価水準を算出します
株価水準を算出するにあたり5年後の財産価値が必要ですが、財産価値については事業価値より影響が小さいため簡易的に財産価値の平均成長率10%✖5年間したものとします

財産価値1729✖1.1✖5年間=2784百万円
5年後の財産価値=2784百万円とします

楽観シナリオの5年後株価水準

14240百万円+2784百万円/4,090,000株=4162円
楽観シナリオの5年後の株価水準は4162円となります

悲観シナリオの5年後株価水準

9970百万円+2487百万円/4,090,000株=3045円
シナリオ1の5年後の株価水準は3045円となります

③利回り15%を5年間分割り戻し買値目標を設定する

それぞれのシナリオ下での予想株価を期待利回り15%✖5年間で割り戻し、現在の目標買値を設定します

楽観シナリオの目標買値

4162円/1.15✖5年間=2069円
楽観シナリオでの目標買値は2069円
となります

悲観シナリオの目標買値

3045円/1.15✖5年間=1513円
悲観シナリオでの目標買値は1513円
となります

ただし、上記計算は配当金を考慮しておりません
情報企画は配当利回りが割と高く推移しており平均して3%程度はあるため、配当金を考慮し期待利回りを
15%ー3%=12%で計算すると

楽観シナリオでの目標買値:2361円
悲観シナリオでの目標買値:1727円

となります

情報企画 理論株価・目標買値のまとめ

この記事のまとめをしていきます

情報企画まとめ (2020年5/12現在)

理論株価:約2900円
目標買値:楽観シナリオの場合 
                      2069円
               (配当込2361円)
     悲観シナリオの場合 
                      1513円
               (配当込1727円)


現在株価が2250円なので、コロナの影響をあまり受けないと判断した方はまだギリギリ買える水準になっておりますね
逆にコロナの影響を受けると判断した方は、再度底値付近まで下落してくる事を待つ必要がありますね
状況は刻一刻と変化しますので、状況に合わせてシナリオの変更、調整していく事になりますが、基準があれば少なくとも株価に振り回される事はなくなると思いますよ^^

 

いかがでしょうか?営業利益の成長シナリオや配当金を込みで考えるか等で結果は変わってきますが、これで自分の求めている利回りに対して適切な買値という投資基準を作ることが出来ます

もちろん今回算出した値は、その企業の状態経済状況といった前提条件が変わればその都度訂正していく必要があります

しかし、企業を分析し自分なりの投資基準を持つという事は投資成果はもちろん、メンタル面においても大きく役立つことは言うまでもありません

この記事が皆様の投資基準設定に対して少しでもお役に立つことが出来れば幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました